第38回津軽名人将棋大会(陸奥新報社主催、日本将棋連盟城下町弘前支部主管)が18日、弘前市の陸奥新報社本社6階ホールで開かれ、県内外から参加した67人が熱戦を繰り広げた。Aクラス(無差別)は遠瀬龍二四段(39)=三沢市=が初優勝し、Bクラス(三段以下)は佐々木隆光初段(45)=弘前市=、Cクラス(1級以下)は須々田誠1級(52)=平川市=、Dクラス(小学生または中学生以上の初心者)は青山直功君(板柳北小5年)=板柳町=がそれぞれ栄冠を手にした。
【写真説明】真剣な表情で熱戦を繰り広げた津軽名人将棋大会

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。