五所川原立佞武多に出陣する、市として通算20作目となる新作大型立佞武多「纏(まとい)」の面の書き割りが16日、五所川原市の立佞武多の館で行われた。制作者の鶴谷昭法さん(34)が、大火を救った力強い火消しの姿に魂を入れた。
 新作立佞武多は7月14日完成予定。
【写真説明】新作立佞武多「纏」の面の書き割りで、火消しの目に墨を入れる鶴谷さん

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。