尾上総合高校(佐藤昭雄校長)は14日、田舎館村の田んぼアート第2会場(道の駅いなかだて)で田植えを行った。同校のボランティアは今年で5回目。定時制の生徒約180人が見栄えが良くなるように意識しながら丁寧に手植えした。
 同校の田植えはこの日で終わったが、第2会場の作業は地元農家らが続けて行い、15日にすべての工程を終えた。第2会場を眺望できる弥生の里展望所はすでに営業を始めており、見頃は第1会場と同じく7月中旬~8月中旬となる見通し。
【写真説明】見栄えを考え、丁寧に苗でアートを描く生徒たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。