弘前市は15日、障害者の権利擁護や手話を含む情報コミュニケーションの理解促進など、障害者全般が生き生きと暮らせる環境づくりを目指す独自の包括的な条例を今年度中に策定する方針を示した。今後、身体、知的、精神障害者らの各団体から意見を集め、条例の内容に反映させる考えだ。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。