弘前市は13日、有料化を検討していた家庭系ごみについて、処分手数料は上乗せしない指定袋を、2018年度中に導入する方針を明らかにした。県内平均より多い同市のごみ排出量だが、減量化が進んでいることを踏まえての判断。20年度に1人1日当たりの排出量980グラムまで減少することを目標とし、目標が達成できなかった場合については、改めて有料化を検討する可能性もある。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。