西目屋村の津軽峠周辺にあるブナの巨木「マザーツリー」の樹勢回復に向け、県樹木医会の樹木医が今月下旬にも基礎的診断を行うことが13日、分かった。マザーツリーの診断、治療に当たっては、日本ユネスコ連盟協会、三菱UFJフィナンシャルグループが資金面などで協力するという。
【写真説明】推定樹齢は400年以上とされ、樹勢の低下が懸念されるマザーツリー=6日、西目屋村の津軽峠

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。