親子でバスに親しんでもらおうと、弘南バス(本社弘前市、工藤清社長)は10日、西目屋村のたしろ保育園(山内久子園長)の参観日に合わせて初の親子向け出前講座を開き、紙芝居やバスの乗車体験を通じて公共交通の魅力をPRした。
【写真説明】園児と保護者が紙芝居でバスの乗車マナーなどを学んだ出前講座

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。