第15回こけし駅伝が11日、黒石市の津軽伝承工芸館を発着するコースで行われ、オープンの部は弘前陸協、市内の部はこけしの里が優勝。また、市内の部で2区に出場した高橋優人選手(こけしの里)が11分32秒で区間新を記録した。
【写真説明】市内外から13チームが出場し、タイムを競ったこけし駅伝

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。