県は12日、女子学生の県内就職活動や県内若手女性社員の定着を応援しようと「あおもり女子就活・定着サポーターズ」を結成した。県内12企業の女性社員で構成し、育児中の10人を含む12人を「サポーター代表」に委嘱。実際に働く女性のワークライフバランス(仕事と生活の調和)を交流会などで学生らに身近に感じてもらい、県内定着の推進を図る。
【写真説明】三村申吾知事(右)から委嘱状を交付されるサポーター代表

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。