29年間にわたって津軽ダム建設事業の拠点となり、今年3月31日に閉所した西目屋村田代の旧津軽ダム工事事務所を、村は役場庁舎として活用することを決めた。6月中に国と建物の買い取り契約を結ぶ予定。近くにある現庁舎から役場機能を移す時期は2018年中になる見通し。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。