事業所から排出されるごみのリサイクルを促すため、会員事業所を対象に業者が無料で古紙類回収を行う県の「オフィス町内会」事業。弘前市が公表している2016年度廃棄物施策の実施状況によると、同市の古紙類回収量は13年度から飛躍的に伸びており、16年度には前年度の2倍近い34万2184キロとなった。市による事業の周知活動に加え、16年から弘前地区環境整備事務組合が事業所に対して実施している古紙類ごみ受け入れ制限の効果が表れたとみられる。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。