天皇陛下の退位を可能にする特例法が9日成立し、2018年末にも退位が実現する見通しとなった。東日本大震災後、復興状況を視察するため本県にも私的旅行をされるなど、常に国民に心を寄せられ続けてきた陛下の退位について、県民の多くは「ゆっくり休んでいただきたい」と特例法成立を歓迎。また生前退位を一代限りとせず、慣例化する必要性を指摘する声も上がった。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。