県栽培漁業振興協会(階上町)は6日、鯵ケ沢町の中間育成施設にヒラメの稚魚を運び込んだ。同施設の水槽に移された約3センチの稚魚20万匹ほどは、海で回遊できる5センチになるまで同施設で育てられ、町職員らが今月下旬ごろに日本海に放流する予定。
 【写真説明】ヒラメの稚魚を、町の施設の水槽に移す作業を行う町職員ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。