高齢化や作業員不足などで深刻な労働力不足を抱える農業の課題を解消するため、県は7日、最先端の科学技術を導入した農業機械を紹介する実演会を七戸町の県営農大学校で開き、農業機械による効率的な作業効果を生産者らに伝えた。
 【写真説明】参加者が自動操舵のトラクターを運転し、省力化を体感した実演会

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。