岩木山麓にある一軒の茶屋。昔懐かしの「津軽そば」の味で親しまれている弘前市百沢の「そば処 地蔵茶屋」が2年間の休業を経て、5日から営業を再開した。前店主の太田節子さん(79)は42年の長きにわたって店を守ってきたが体調不良のため、2015、16年の営業を休止。後継者を探していたところ、近くにある同市常盤野の「ペンションワンダーランド」の姉妹が名乗りを挙げ、経営をバトンタッチした。「引き継いでくれる人がいて本当に安心した」と太田さん。伝統の“茶屋の味”は次へと紡がれる。
 【写真説明】42年間、地蔵茶屋を守ってきた太田さん(中央)に代わり、新たに“茶屋の味”を引き継ぐ相沢幸子さん(右)、高田綾子さん姉妹

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。