西目屋村の「好きです西目屋ふるさと親善大使」を務める五所川原市出身の歌手吉幾三さんが6日、同村の田んぼで田植えを行った。米の栽培は2年目で、収穫した米は「幾三米(いくぞうまい)」として同村のふるさと納税の返礼品として使用される。吉さんは「草刈り、稲刈りの他に今年は脱穀もやりたい」と話し、「白神山地から流れてくる水がひやっとしていて良い米ができるのでは」と期待を寄せた。
 【写真説明】「まっしぐら」の苗を手植えした吉さん

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。