弘前市と十和田湖を起点に、広域観光を手軽に楽しめる「弘前―十和田湖シャトルバス」が今年も運行を開始した。交通手段が限られ、バス利用のニーズが見込まれる大学生は割引で利用できるが、学生の利用度は低いのが実情。このため、弘前大学の学生らを対象としたモニターツアーが5月末に実施された。通過型観光地とされる十和田湖や運行コースに対し、若者たちからはさまざまな意見、要望が挙がった。
 【写真説明】山下晃平さん(右)に案内されながら十和田湖周辺を歩く学生ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。