今年1~4月の弘前市内の外国人宿泊者数は速報値で9201人に上ることが1日、市のまとめで分かった。好調に推移しており、わずか4カ月間で昨年1年間の7割強の水準に達した。中国の奥凱(オーケー)航空が今年1~3月、青森―天津間で国際定期チャーター便を運航した影響が大きいとみられる。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。