大相撲夏場所で新入幕を果たした中泊町出身の阿武咲関(20)=本名・打越奎也、阿武松部屋=の幕内昇進記念祝賀会が31日夜、同町総合文化センターパルナスで開かれた。阿武咲関は夏場所で10勝5敗の好成績を収め敢闘賞を獲得しており、詰め掛けた400人を超す町民らがダブルの快挙を祝福。阿武咲関は「横綱を目指して今後も稽古に励みたい」と決意を新たにした。
 祝賀会では阿武咲関が中学校まで稽古に通っていた中泊道場の後輩が、関取と阿武松部屋おかみの手島久子さんに花束を贈呈。濱舘豊光町長が「待ちに待った新入幕で、わがことのようにうれしい。さらに上を目指し、けがに気をつけて頑張ってほしい」と祝福した。
【写真説明】中泊道場の後輩らと一緒に記念撮影する阿武咲関(後列右)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。