小中学校のPTAで組織する弘前市連合父母と教師の会(市連P)の2016年度以前の帳簿や通帳類が行方不明になり、経理運営をめぐって混乱や疑念が広がっている問題で、市連Pに補助金を交付している市教育委員会は31日、調査を進める市連P役員に事情を聴いた。終了後、市教委は取材に対し「現状況では経理運営が不透明」との認識を示し、17年度の事業費補助金交付については可否を今後検討する考えを示した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。