県教委は30日、県立高校再編に向けた第1期実施計画案(2018~22年度)について住民に意見を聞く地区懇談会を弘前市の県武道館で開いた。同市では弘前実業の農業経営科と弘前工業定時制を募集停止、同校インテリア科を建築科に統合する案が示されている。参加者からは「日本一のリンゴの街弘前で、農業を学ぼうとする若者の学びの場が取り上げられる」と、農業経営科の存続を訴える声が上がった。
 計画案では、弘前実業の農業経営科1学級を平川市の柏木農業高校に集約し、弘前工業のインテリア科1学級を同校建築科に統合。工業技術科を置く同校定時制は21年に募集を停止する。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。