鯵ケ沢町舞戸町に移転が進められていた、鯵ケ沢地区消防事務組合兼鯵ケ沢消防署の新庁舎が完成した。28日は施設の竣工(しゅんこう)式が行われ、関係者約100人が、さらなる防災力の充実に願いを込めた。新庁舎での業務は6月1日から始まる。
 旧庁舎は同町本町に1967年に建てられたが、老朽化に加え、海に近い立地で津波による被災の危険性があったため、町が移転を検討していた。
【写真説明】新庁舎は津波への対策のため高台に建設されており、さまざまな機能も充実した

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。