南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣されていた陸上自衛隊第9師団(青森市)を中心とした第11次隊(隊長・田中仁朗1等陸佐)で、最後まで現地に残っていた隊員約40人が27日、青森空港へ帰国した。施設部隊の派遣としては、過去最長の5年4カ月に及んだ活動が終了し、日本のPKOへの部隊派遣はなくなった。
 【写真説明】青森空港で歓迎を受ける隊員=27日午前11時45分ごろ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。