季節の花で弘前市の中心街を彩る「ハナヒロプロジェクト」が27日、同市土手町の蓬莱広場周辺で初めて実施された。市民が初夏らしい爽やかな花々をバスケットに植栽し、同広場周辺に設置したもので、今年度はさらに2回の実施を予定。街の魅力を高めると同時に、取り組みの浸透が期待されている。
 【写真説明】市民の手で花を植えられたバスケットを、蓬莱広場周辺に設置する参加者

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。