県高校総体陸上競技は第2日の26日、青森市の県総合運動公園陸上競技場でトラック、フィールドの男女10種目で決勝が行われた。
 男子は、砲丸投げで千田凌(五所工)が自己ベストを大きく更新して初優勝。400メートルリレーは弘前実が連覇を飾った。
 女子は、円盤投げで奈良岡翠蘭(弘前中央)が栄冠。走り高跳びは2年生の奥沢海砂(弘前実)が制した。
 第3日の27日は男女10種目で決勝が行われる。
写真説明【男子砲丸投げ決勝】自己ベストを上回る14メートル91をマークし、初優勝した千田凌選手(五所工)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。