岩木山麓とその周辺で先月から、山菜採りに出掛けた入山者がクマに襲われる事案が相次いでいることを受け、警察署など各関係機関は26日、弘前市十面沢の県道岩木山環状線(通称ネックレスロード)で、クマの被害を防止するための広報活動を行った。
 関係者は「熊除(よ)けスプレーや鈴を持参し、複数で行動するようにして下さい」などと書かれたチラシ、笛など約100セットを用意。15人ほどが道行く車やバイクの運転者を呼び止め、「この辺りもクマが出ます」「(音を出せばクマが逃げるので)笛を鳴らして山に入ってください」などと呼び掛けた。
【写真説明】相次ぐクマの人的被害を防ごうと、関係者が山菜採りに行く人たちに注意を呼び掛けた

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。