平川市の猿賀神社(山谷敬宮司)は25日、同神社近くの神饌田(しんせんでん)で、豊作を願う伝統神事「御田植(おたうえ)祭」を行った。地元小学生や市教委の外国語指導助手(ALT)ら14人が田男・早乙女姿となり、泥に足を取られながらも昔ながらの手植えでコメの苗を次々と植えた。
【写真説明】田男・早乙女姿で苗を植え、豊作を願う「御田植祭」

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。