白神山地世界遺産地域連絡会議は、世界自然遺産・白神山地周辺で目撃例が増加しているニホンジカ対策として、今年度もセンサーカメラを周辺地域に設置している。25日は同会議を構成する津軽白神森林生態系保全センター(鯵ケ沢町、寺田治男所長)が、深浦町の国有林でカメラ設置・データ回収を行った。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。