県高校総体陸上競技が25日、青森市の県総合運動公園陸上競技場で開幕し、トラック、フィールドの男女9種目で決勝が行われた。
 男子は、400メートルで相馬啓人(弘前実)が大会新記録で栄冠に輝き、走り幅跳びでは諸田直樹(弘前)が初優勝を飾った。
 女子は、渋谷依未(五所工)がハンマー投げで県高校記録を更新し2連覇。やり投げでは奈良岡翠蘭(弘前中央)が大会新記録で勝利を飾った。400メートルは寺本光里(弘前実)が2位に大差をつけて制した。
 第2日の26日は男女10種目で決勝を行う。
【写真説明】女子ハンマー投げ決勝 県高校新記録となる44メートル58をマークし、連覇を果たした渋谷依未(五所工)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。