2016年度の本県ドクターヘリの出動件数は前年度から26件増え運航以来最多の854件だったことが24日、県医療薬務課のまとめで分かった。要請件数も1056件で最多だった。同課は「2機体制の効果が十分に発揮できている」と分析。今後も同程度の件数で推移する見通しを立てている。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。