鯵ケ沢町にある町営のアユ中間育成施設で23日、7月1日のアユ釣り解禁に向け、県内の河川に放流される同町産稚アユの出荷が始まった。今年度県内に放流される稚アユはほぼ全て、町が採卵から中間育成まで一貫して生産したもの。6月7日までに県内の23内水面漁協へ計32万4000匹を出荷し、20河川に放流される予定。
【写真説明】稚アユをトラック上の水槽に移す町役場職員=23日午前7時45分ごろ、鯵ケ沢町のアユ中間育成施設

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。