弘前市は23日、同市堀越・川合の史跡堀越城跡東側で、復元工事が進む市文化財「旧石戸谷家住宅」屋根のかやぶき作業を報道陣に公開した。住宅は素屋根(すやね)と呼ばれる足場などに覆われ、職人が高さ10メートルほどの足場で丁寧に作業を進めていた。市は一般向けに無料の現地見学会を6月3日午後1時から開く。
 現地見学会についての問い合わせは市文化財課(電話0172―82―1642)へ。
【写真説明】かやの束が重ねられ、かやぶき作業が進む旧石戸谷家住宅の屋根部分。左は視察した蝦名正樹副市長

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。