首都圏における本県の移住相談窓口として開設された「青森暮らしサポートセンター」が2016年度は15年度より400件以上多い681件の相談を受け付け、センター利用者のうち25件46人が本県への移住を決めたことが分かった。相談件数、移住決定数ともに開設以来最多で、順調に実績を上げている。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。