県教委が示す県立高校再編の第1期実施計画案(2018~22年度)をめぐり、統合の対象になっている金木高校の存続を訴えようと、住民でつくる「金木高校を応援する会」は20日、初会合を開き、存続に向けた署名活動を展開する方針を決めた。
 【写真説明】金木高校の存続を目指して署名活動を展開することを決めた「金木高校を応援する会」

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。