弘前市で特殊詐欺に発展する恐れのある、津軽弁による不審電話が相次いで確認されている。16~17日に県内で初めて確認され、県警生活安全企画課などによると、18~19日にも同市などで新たに確認された。被害はなかったが、弘前署などは「今後も県内各地で同様の不審電話の発生が予想される」として注意を呼び掛けている。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。