日本原燃(工藤健二社長)は18日、新規制基準への適合審査を受けていたウラン濃縮工場(六ケ所村)について、原子力規制委員会から合格を受けたことを県に報告した。県は「県民の安全安心を図る上で大きな一歩」とした上で、今後も施設の安全性向上に万全を期すことを求めた。
 【写真説明】六ケ所村のウラン濃縮工場の事業変更許可について佐々木郁夫副知事(右)に報告した工藤社長(左)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。