農林水産省が16日発表した、2016年産リンゴの本県の結果樹面積は前年産より100ヘクタール減り1万9900ヘクタール。1973年産の調査開始以来初めて2万ヘクタールを割った。県や生産者団体は一因として生産者の高齢化を挙げ、2万ヘクタール台への回復は難しいとみる。この先、日本一のリンゴ産地をいかに守っていくか。関係者は改植などで「園地の若返り」を進め、生産性を高める必要がある―と強調する。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。