南スーダンの国連平和維持活動(PKO)から撤収を始めた陸上自衛隊第9師団(司令部・青森市)を主力とする第11次隊(隊長・田中仁朗1等陸佐)の第3陣として帰国した隊員129人が14日、青森駐屯地に帰隊した。約5カ月間の任務を終えて帰国した隊員らは、家族や友人、同僚から温かく出迎えられた。27日には第4陣約40人が帰国し、約5年に及んだ南スーダンでの活動を終える。
 【写真説明】家族や同僚らが出迎える中、青森駐屯地に到着した帰国第3陣の隊員たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。