第19回津軽路ロマン国際ツーデーマーチは最終日の14日、プロバスケットボールBリーグ2部(B2)の「青森ワッツ」から下山大地主将ら7選手が参加した。青空がのぞく絶好のウオーキング日和の中、古都弘前の街並みを散策しながら、ブースターやウオーカーと交流した。ブースターは、試合中と違いリラックスした表情を見せる選手と会話したり、記念撮影したりして楽しい時間を過ごした。同日は弘前、平川両市の4コースをウオーカーが堪能した。
 【写真説明】交流しながら歩く青森ワッツの選手とブースターら=5キロ「古都ひろさきコース」

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。