県は、本県出身土木系学生の県内定着や、建設業界に関心がある学生・社会人の建設系企業への就業促進に本腰を入れている。県内企業43社と協力して2017年度建設系企業インターンシップ(就業体験)研修生を募集しており、43社合わせて約100人を受け入れる予定。7月14日まで募集する。県整備企画課は「将来の社会基盤を支えるやりがいがある仕事であり、熱意のある人たちに来てほしい」と話している。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。