青森市の浪岡中学校2年の葛西りまさん=当時(13)=がいじめを訴え自殺した問題で、調査を行っている市いじめ防止対策審議会の一部委員について、遺族側が変更を求めていることに関して、同市の小野寺晃彦市長は11日の定例会見で、「いじめに対して専門性を持って研究、対応している団体に打診をし、どういう方が望ましいのか意見を頂いている状況」と述べ、具体的な人物名を挙げての選定には至っていない現状を説明した。
 遺族側は、市教育委員会と審議会に4月23日に要望書を提出。人選については要望書の中で「しがらみや公平性を保つためにも県外からの招致を望む」としていることから、小野寺市長は「そういったことも踏まえて検討したい。いずれの形でも対応できるように検討を進めている」として、県外在住者を委員に選任する可能性があることを示した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。