弘前市の葛西憲之市長は10日の定例会見で、前年を上回る251万人(まつり本部発表)でにぎわった弘前さくらまつりについて、「大きな成果だが、観光消費額で成果を捉える必要がある」と指摘、来年の100周年に向け「市民総参加で楽しんでもらうと同時に、“稼げる観光”につなげたい」と述べた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。