県教委が示した県立高校再編に関する第1期実施計画案(2018~22年度)について説明する中南地区懇談会が9日、黒石市のスポカルイン黒石で開かれた。黒石市は黒石商業高校が黒石高校に統合され、2校から1校に減る計画。中南地区で減となる5学級のうち3学級が黒石商であることから、懇談会に参加した市民らから「黒石がないがしろにされた」と不満の声が相次いだ。 中南地区の計画案のうち黒石市内の2高校については、黒石普通科3学級と看護科1学級、黒石商の情報デザイン科1学級を黒石に集約し、3年後の20年度に中南地区統合校として開校。残った黒石商の商業科、情報処理科は弘前実業に移す。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。