東北地方整備局と北海道開発局は9日、本県と道南地域の広域連携による観光誘客、交流人口拡大などについて意見交換する青函連携会議を弘前市役所で開き、圏域全体での訪日外国人旅行者(インバウンド)獲得に向けた方策などを探った。
 同日は、葛西憲之弘前市長、関和典西目屋村長がそれぞれ観光の取り組みを紹介したほか、両局がダムなど公共施設を観光資源にしたインフラツーリズムの取り組み、青函圏のクルーズ船の寄港状況などを説明した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。