第39回HBL弘前ベースボールリーグ大会は6日、弘前市の岩木川河川敷球場で開会式を行い、開幕した。参加10チームが“弘前一”を懸け、10月末まで熱戦を繰り広げる。
 同日早朝に行われた開会式では、HBL弘前ベースボールリーグ協会の奈良岡峰一会長が「いつもの通り楽しく愉快に野球をしていただきたい。健闘を祈る」とあいさつ。陸奥新報社の八木橋俊夫常務取締役営業局長は「試合中のけがなどに十分注意し、思う存分試合を楽しんでいただきたい」と激励した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。