青森市の劇団「渡辺源四郎商店」(畑澤聖悟主宰)による第27回公演「鰤(ぶり)がどーん!」の青森公演が21日から28日まで(25日休演)、同市新町1丁目の渡辺源四郎商店しんまち本店2階稽古場で上演される。ミュージカル映画「ブリガドーン」(1954年)、漫画家水木しげるが作品で繰り返し描いた「ブリガドーン現象」、鰤の海、高校演劇という四つの要素をベースに東日本大震災の風化をコメディータッチで取り上げる。作・演出は畑澤主宰。
 震災という重いテーマながらも、明るく楽しい作品だという。畑澤主宰は「震災と人間の関わりをどう描くかという芝居の芯はちゃんとあるが、眉間にしわを寄せて難しい顔で伝えるんじゃなくて、とにかく面白いことをやりたい」と意気込みを語った。出演は三上晴佳さん、山上由美子さん工藤良平さんら
 開演時刻は21、28日が午後3時、22~27日が午後7時30分。22~24日は上演後に畑澤主宰とゲストのトークもある。ゲストは青森大学教授の櫛引素夫さん(22日)青森放送ラジオパーソナリティーの夏目浩光さん(23日)、シネマディクト館主の谷田恵一さん(24日)料金は予約が一般2500円、学生が500円(当日はともに300円増し)。高校生以下は9日締め切りのオンライン予約(http://www.nabegen.com/)で無料(10日以降500円)。予約問い合わせは同劇団(携帯080―1269―6158)へ。ホームページからも詳細を閲覧、予約できる。
【写真説明】「鰤がどーん!」のチラシ