「弘前さくらまつり100年記念事業 2017 桜花グランプリ争奪 第32回津軽五大民謡全国大会」が5日、弘前市民会館で開かれた。全国から集まった歌い手76人が日ごろ鍛えた自慢ののどを約700人の聴衆に披露した。桜花グランプリは「津軽小原節」を歌った髙田透さん(40)=青森市=が初の栄冠に輝き、15歳以下のジュニアの部は「津軽小原節」の佐々木深里さん(14)=岩手県=が3大会ぶりに制した。
【写真説明】桜花グランプリを制した髙田さん

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。