第29回津軽三味線全日本金木大会は最終日の5日、五所川原市金木町の金木公民館で個人2部門、団体3部門が行われた。個人・一般の部A級は埼玉県新座市の三味線奏者山中裕史さん(27)が5度目の出場で初優勝し、最高位の「仁太坊賞」に輝いた。同B級は弘前市の佐藤鈴蘭さんが優勝を飾った。
【写真説明】決勝で迫力ある演奏を披露し、最高賞の「仁太坊賞」に初めて輝いた山中さん

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。