県産リンゴは国内生産量の約6割、国外輸出の約9割を占めるとされるなど、業界で極めて重要な役割を果たしており、2017年産も収穫が待ち望まれる。その県産リンゴの生産現場では近年、果実を出荷するための木箱「リンゴ箱」の不足を嘆く声が聞かれる。背景には流通上の問題や木箱を作る担い手不足などがあるといい、関係者は代替品の活用などを含めた対応策を模索している。
 不足の要因としては“木箱の使い捨て化”が考えられるという。関係者によると、大半の仲買業者は事業コストの削減を考え、リンゴを入れて消費地へ運んだ容器を産地に返送しないという。このため、戻ってくる木箱は「全体の10~15%ほど」(板柳町の津軽りんご市場)とされる。
 木箱が不足する中、代替品としてプラスチックコンテナが用いられ、同市場では冷蔵用として使う容器の1割強を占めている。それでも、木箱の方が比較的リンゴの品質管理をしやすいことから、県全体で見れば木箱が今のところは主流とされる。
 同市場を含む弘果グループは5月上旬、木箱不足について協議する方針という。
【写真説明】関係者から「不足している」との声が上がる木箱(手前)。プラスチックコンテナ(奥)は回収の手間などが課題となっている

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。