5日は二十四節気の一つ「立夏」。涼しかった風が心地良く感じられるようになり、夏の気配が漂ってくるころとされる。前日4日の県内は温暖な南風が流れ込み、津軽地方を中心に各地で気温が上昇。弘前市や黒石市、平川市碇ケ関などで夏日となった。
 弘前市常盤野の常盤野農村公園(通称・ミズバショウ沼公園)では雪解け水をたたえた沼に群生するミズバショウが見頃を迎えた。訪れた市民らは、せせらぎの聞こえる遊歩道を友人らと語り合いながら散策したり、純白のミズバショウを写真に収めるなどして楽しんでいた。
【写真説明】見頃を迎えた常盤野農村公園のミズバショウ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。